運転免許の効力の仮停止の対象範囲の拡大

酒気帯び運転又は過労運転等(麻薬等運転を除く。)をし、よって交通事故を起こした場合には、従前の人を死亡させたときに加え、人を傷つけたときにも、仮停止の対象となりました。