補聴器使用により一定の聴力を有する者に第二種免許の取得を可能とする改正

第二種運転免許に関する運転免許試験(適性試験)の聴力に係る合格基準において、補聴器を使用すれば両耳の聴力が10メートルの距離で、90デシベルの警音器の音が聞こえる者について、第二種運転免許の取得が可能になりました。