原動機を用いる身体障害者用の車椅子の基準の改正

手動車椅子の日本工業規格が見直されたこと等に伴い、法令上歩行者と同じ扱いとなる原動機を用いる身体障害者用の車椅子の高さの基準が、120センチメートル(ヘッドサポート部分を除く)を超えないこととされました。